教員

廣井 悠 (ひろい ゆう) 
研究分野 都市防災,都市計画
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/都市情報・安全システム研究室/教授
兼任:東海国立大学機構(名古屋大学)/減災連携研究センター/客員教授
兼任:静岡大学/防災総合センター/客員准教授
兼任:平成28年度東大卓越研究員
兼任:JSTさきがけ研究員(2016-2020)
兼任:一般社団法人防災教育普及協会/理事
兼任:令和防災研究所/理事
email hiroi@city.t.u-tokyo.ac.jp (@を半角に変えてください)  詳しく
大津山 堅介
研究テーマ 都市復興、米国の復興政策・都市計画事業手法、アジアにおけるAdaptive Recovery
所属 特任助教(先端研所属)

学生

Marty Joeylyn Nato
研究テーマ Surmounting the Submersion- Empowering Urban Coastal Communities against Flooding
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/博士1年
山口 淳
研究テーマ インドネシア
所属 東京大学大学院/都市持続再生学コース/修士2年
斉藤 悠介
研究テーマ 津波伝承における津波碑の存在意義と効果 / 来街者の津波避難経路選択行動の特性分析と津波避難に資する都 市のあり方に関する -考察?神奈川県横浜市・鎌倉市・藤沢市における歩行実験と質的分析によるケーススタディ-
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士2年
松本 慎一郎
研究テーマ 地震火災時の避難における要支援者に対する共助システムの提案 / 大規模災害を想定した庁舎整備の実態と被災庁舎における災害対策上の課題に関する研究-神奈川県及び和歌山県を対象としたケーススタディ
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士2年
竹中 大貴
研究テーマ 大規模地震時の医療拠点における負傷者の集中緩和に関する研究-市民の対応と救護所配置に着目した東京都墨田区を中心とするシミュレーション
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士2年
香焼 一輝
研究テーマ 堤防の不連続面の閉鎖と周辺土地利用の関係
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士1年
釘崎 理
研究テーマ 大都市内の防災に関する研究
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士1年
QIU RUI
研究テーマ Evaluation and research on rural housing reconstruction in the post-Wenchuan Earthquake recovery stage
所属 東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻/修士1年
久保田 和義
研究テーマ 密集市街地整備事業後の居住意思と景観評価の変化 -ストリートビューを用いた非居住者へのアンケート調査から-
所属 東京大学/工学部/都市工学科/学部4年
内田 充紀
研究テーマ 災害遺構における保存・解体の決定プロセスに関する研究 -文献調査と聞き取り調査による16事例のケ―ススタディ-
所属 東京大学/工学部/都市工学科/学部4年
山下 日菜子
研究テーマ 個別避難計画の作成における課題分析 -作成主体別のプロセスとその規定要因に着目して-
所属 東京大学/工学部/都市工学科/学部4年
山田 航介
研究テーマ 暑熱環境適応計画の国際比較と日本におけるクーリングセンターの整備方針の検討
所属 東京大学/工学部/都市工学科/学部4年
山田 拓実
研究テーマ 河川改修による浸水リスクの変容および居住動向の変化に着目した河川整備計画と都市計画の連携施策の提案 -大阪府安威川流域を対象としたケーススタディ-
所属 東京大学/工学部/都市工学科/学部4年

OB

久保田 映希
研究テーマ 災害リスクの低い居住を促進する施策の定量的比較分析 -東京都の賃貸物件への新規移転を対象として- / 被災地の産業構造が津波災害後の従業人口の流出と回復に与える影響 -経済基盤モデルを用いた東日本大震災のケーススタディ-
所属 2020年度/東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻修了
石井 沙知香 
研究テーマ 福島第一原子力発電所事故における広域避難者の帰還意向の変遷とその要因 -帰還意向曲線インタビューを通じた分析- / M-GTAを用いた地域防災リーダー行動開始・継続プロセスの研究
所属 2020年度/東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻修了
小松崎 暢彦 
研究テーマ 地域特性に応じたマンション防災対策の検討 -東京都区部におけるマンション防災の実態と避難者数の想定をもとに- / 想定大規模水害後の応急居住選択と世帯移動に関する研究 -荒川および江戸川の洪水浸水想定による首都圏のケーススタディ
所属 2020年度/東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻修了
高久 裕行
研究テーマ 江東5 区における洪水暴露人口の経年変化分析と広域避難需要の低減施策の検討
所属 2020年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
後藤 裕瑛
研究テーマ 外水氾濫時の避難危険性の簡易評価を用いた地域別避難方針の提案 -中山間地域における緊急避難に着目して- / 災害とその復興は総合計画をどのように変化させたか -136自治体の復興計画と総合計画の施策分析を通して-
所属 2019年度/東京大学大学院/工学系研究科/都市工学専攻修了
宮内 悠太
研究テーマ 広域防災計画に関する研究
所属 2019年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
保科 宗一郎
研究テーマ 避難情報の対象範囲の大きさと危機感の関係性からみる適切な発令手法についての検討
所属 2019年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
村上 紘平
研究テーマ 土砂災害警戒区域指定および堰堤整備がもたらす土地評価および居住意向への影響
所属 2019年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
田宮 子良
研究テーマ 防災講演会の内容分析とその効果に関する研究
所属 2018年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
岡村 信哉
研究テーマ 地震災害時における避難者受け入れ方針の検討
-東京区部における地域危険度調査を利用した避難状況推定をもとに-
所属 2017年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
柳 瑛一朗
研究テーマ 復興まちづくりゲームの提案
所属 2017年度/東京大学/工学部/都市工学科卒業
斉藤 健太
研究テーマ 空き家活用による災害後の仮住まい住宅の確保に関する研究 -疎開シミュレーションを用いた量的検討- / 巨大災害における疎開・移住行動に関する研究 -東日本大震災の定量分析と予測手法の提案-
所属 2017年度/名古屋大学大学院/環境学研究科修士修了(廣井が名古屋大学在籍中に指導)
松本 武士
研究テーマ 空間経済学に基づく福島県における産業復興政策の人口流出抑制効果の分析 / 東日本大震災に基づく企業の倒産予測モデル構築と 経済被害予測法の検討
所属 2017年度/名古屋大学大学院/環境学研究科修士修了(廣井が名古屋大学在籍中に指導)
青山 純也
研究テーマ 実証実験に基づく名古屋駅周辺の地下街避難行動シミュレーション / 地震に関わる複合災害を考慮した大規模地下街における避難行動分析 -名古屋駅周辺地下街における避難シミュレーションを事例として-
所属 2016年度/名古屋大学大学院/環境学研究科修士修了(廣井が名古屋大学在籍中に指導)
浅野 暁
研究テーマ AHPを用いた防災対策評価に関する研究 -愛知県田原市におけるケーススタディ-
所属 2014年度/名古屋大学/工学部/建築学科卒業生(廣井が名古屋大学在籍中に指導)
日比野 一江 
研究テーマ 被災時におけるマンションでの生活の継続と準避難所に関する研究
所属 2014年度/名古屋大学/工学部/建築学科卒業生(廣井が名古屋大学在籍中に指導)
牧野 文香
研究テーマ 避難所収容人数に関する分析及び聞き取り調査に基づく避難所運営のあり方に関する研究
所属 2013年度/名古屋大学/工学部/建築学科卒業生(廣井が名古屋大学在籍中に指導)

最近の進路先

  1. 官公庁関連:国土交通省,東京都,名古屋市,福井市,武豊町,NEXCO中日本など
  2. 建設・不動産関係:UR,東和不動産,大和ライフネクストなど
  3. コンサル・シンクタンク:玉野総合コンサルタント,構造計画研究所など
  4. その他:Goldman Sachs,博報堂,ベンチャー企業など
  5.  

     

     

HPの内容や研究内容・取材等については以下にお願いします(できるだけメールでお願いします)。
●所在地:〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1東京大学工学部14号館909号室
●電話:03-5841-6253 ●FAX:未設置
●メール:hiroi@city.t.u-tokyo.ac.jp(@を半角に変えて送信ください).
東京大学大学院 教授 廣井悠  Copyright c 2016 U Hiroi. All Rights Reserved